知って知っておくと安心な葬儀のマナー「第1回 葬儀の服装や持ち物について」

葬儀の服装は何がいいかしら? 葬儀豆知識

葬儀の知らせはある日突然訪れるもの。
その時「何を着ればいいのかしら」「髪はこのままでいいのかしら」と慌てないためにも、あらかじめ葬儀の作法を知っておくこと大切です。
ここでは、いざという時に役に立つ葬儀に関する服装や持ち物についてのマナーをご紹介してまいります。

喪服は洋装が一般的
色やアクセサリーにはご注意を

葬儀では礼装として喪服を着るのが常識ですが、和装と洋装、どちらが良いか悩むことはないでしょうか。昨今では、喪主の妻や故人の妻として参列する場合は和装が多いようですが、一般参列者の場合や親族側の場合は洋装が一般的です。また、服装以外では、特に女性はメイクや持ち物などに注意が必要です。
今回は特に女性が気をつけたい、葬儀の服装や持ち物のマナーについてご紹介してまいります。

<マナー1>服装は肌の露出を控え、靴は色や素材に注意
服装は喪服があれば問題ありませんが、突然のことで喪服が用意できてないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。その時は光沢のない黒系の平服でも大丈夫です。デザインはワンピースやアンサンブル、スーツなど肌の露出が少ないものを選び、例え夏場でも半袖やミニスカートは避けて黒いストッキングを履くようにしましょう。
靴はサンダルやハイヒールのほか、殺生をイメージするような毛皮素材は厳禁。ヒールの低い靴にして、色は服装同様、光沢のない黒系なら安心です。

<マナー2>メイクや髪型はナチュラルに
葬儀では服装だけでなく、メイクや髪型にも注意が必要です。メイクはナチュラルさを心がけ、マニキュアは控えてください。もちろん香水は厳禁です。
髪型は、ショートの方はそのままで大丈夫。ロングの方は後ろで束ねれば問題ありません。いずれも派手さを控えることがマナーです。

<マナー3>バッグ、アクセサリーもシンプルに
バッグやアクセサリーも靴やメイク同様、光沢のない黒系のシンプルなデザインがよいでしょう。大きな金具や装飾のあるもの、毛皮は厳禁です。
アクセサリーは結婚指輪や涙を連想させる真珠は問題ありませんが、それ以外のアクセサリー類や、重なる不幸を連想する二連のネックレス、ブレスレットは外すのがマナー。仏式の葬儀の場合は数珠を忘れずにお持ちください。

<マナー4>子供の服装は制服で
お子様が一緒に参列する際は、幼稚園や保育園、学校の制服が礼服の代わりになります。制服がない場合は、大人と同様に黒や紺などのズボンやスカートを着用すれば大丈夫です。
靴は黒。持っていない場合は地味な色ならマナー違反にならず安心です。

いかがでしたでしょうか。葬儀ではここでご紹介した服装や持ち物以外にも知っておくと困らないマナーがたくさんあります。これからも葬儀に関する様々なマナーをご紹介してまいりますので、参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました