知っておくと安心な葬儀のマナー 「第3回 お悔やみの言葉」

葬儀豆知識

弔問に訪れた時や遺族にあった際、故人を悼み、遺族の気持ちを思いやってかけるお悔やみの言葉。とても繊細な言葉ですので、失礼がないよう正しく使いたいものです。3回目の今回は「お悔やみの言葉」ついてご紹介いたします。

「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」など、よく耳にするお悔やみの言葉ですが、中にはあまり適切ではない言葉もあります。正しいお悔やみの言葉の使い方ついてご紹介してまいります。

正しいお悔やみの言葉

お悔やみの言葉として、遺族に会った時やお香典を渡す際は「このたびは誠にご愁傷様でございます」が最適です。この言葉は宗派を問わずに使えます。
「ご冥福をお祈りいたします」という言葉もよく聞く言葉ですが、こちらは仏式のお葬式でのみ使用する言葉になります。ただし、宗派によって表現が変わってきますので注意が必要です。教えの違う浄土真宗では「ご冥福」は使用しません。その際は「謹んで哀悼の意を表します」が良いでしょう。
また、「ご冥福をお祈りいたします」というお悔やみはキリスト教や神道でも使用しません。神道の葬儀では「御霊(みたま)、安らかにお祈りいたします。キリスト教では「安らかなるお眠りをご祈念申し上げます」というお悔やみの言葉になります。

使ってはいけないお悔やみの言葉

お悔やみでは、不幸が繰り返されることを連想させる「重ね言葉」や「死」を意味する言葉は「忌み言葉」といわれ、決して使ってはいけない言葉になります。また、いきなり闘病生活や逝去の原因などを聞くのも大変失礼です。いずれも気が付かないうちに使っている場合がありますので、十分注意してください。

<使ってはいけない言葉>
■重ね言葉
「ますます」「重ね重ね」「度々」「いよいよ」「まだまだ」「次々」「かえすがえすも」「つくづく」「引き続き」「しばしば」「再び」など。

■「死」を意味する言葉
「自殺」「死んでしまって」「苦しみ」「落ちる」「死去」「お気の毒に」など。

お悔やみで一番大切な事は、相手を思いやる気持ちです。言葉をかける際、声はトーンを抑え、語尾はさらに弱くして伝えると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました